看護師の産休について

男女雇用機会均等法ができてから、基本的にどこの職場でも男女が偏りなく働くことになっています。しかし、実際は今でも職場によって男女の偏りが大きいのも確かです。例えば看護師は、現在およそ95%を女性が占めています。近頃では男性の看護師も見かけるようにはなってきましたが、それでもまだ全体の5%ほどです。確かに、昔から看護師(看護婦)と言えば女の子のあこがれの職業の一つでしたし、今でも女性の仕事というイメージがあります。同じような職業に保育士(保母さん)もありますが、その他の職場でもメンバーが女性ばかりということもあるでしょう。

そうした職場につきものなのが結婚や出産といった女性ならではの事情です。最近はイクメンと言って育児や家事をする男性も増えてきていますが、それでも「家事や子育ては女性の仕事」という風潮は根強く残っています。また、出産に関しては女性しかできないことなので妊娠後期から出産後までは仕事を休まざるを得ません。そこで、一旦産休に入ることが多くありますが、そのまま退職してしまう人もいます。

看護師の場合、普段の仕事がハードで夜勤もあるために結婚や出産を機会に退職するという人は珍しくありません。看護師の退職理由でも結婚や出産は常に上位に来ています。もちろん、産休を取って職場に復帰することも可能ですが、そうなるとブランクができてしまいます。一般の仕事でもそうですが、日々進化し続ける医療機関で働く看護師にとって、ブランク後の復職はとても不安なものです。
産休後に復職する看護師は、年々増えています。産休後の看護師に嬉しい制度を設けている職場もたくさんあるので、妊娠や出産を視野に入れた職場選びも大切です。
《看護師の産休について詳しく書かれているサイト⇒産休中看護師のためのヘルプセンター