産休明けやブランクの不安

普通の仕事でも産休明けやブランクのある状態には不安がつきまとうものですが、看護師の場合には特にそれが大きいようです。その理由はやはり、看護師の職場がどこも非常に忙しく皆ハイペースで動いているからでしょう。経験者といっても復帰してすぐに現場に追い付くことは難しいもので、他にも例えば次のような不安要素が挙げられます。

・前と同じ部署に戻れるわけではない
小さな病院やスタッフにゆとりのある職場では前と同じ部署に戻れることもありますが、人数に余裕がないところではその時人手の足りないところへ配属されてしまうので経験のない仕事をすることになるかもしれません。

・技術的な部分で不安がある
毎日やっていたことでも一年もすればかなり忘れてしまうものです。看護師の仕事では注射など手技的な事も多いのでそれができなくなっている可能性があります。復帰した時に、自分ではできると思っていたことができなくなっていて驚いたという話もよく聞かれます。

・職場環境の変化
人の入れ替わりが多い職場では産休から戻ってみるとスタッフが知らない人ばかりになっていた、という事も珍しくないようです。さらに、医療技術や看護技術は日進月歩で進んでいて、以前のやり方が今ではもう廃れていることもあります。自分が休んでいる間も新しい情報はどんどん増え続けているのでそれを挽回しなくてはなりません。

こういった不安をなくすために自主的に復職支援の講習会に参加する事もできますが、職場として支援体勢を整えている病院もあります。また、自分が働きやすいように正職員ではなくパート職員として復帰するケースも多いようです。産休明けの看護師には仕事だけでなく子育てや家庭もあるので、どちらも両立できるような状態にするのが望ましい所です。